残念な求人広告5つの特徴

アルバイト採用代行専門会社のファインド株式会社は、大阪・京都・神戸を中心に、人手不足・人材不足を解決いたします。

求人に応募が来ない

求人広告をいくら出しても応募がこない…。そんなときは「求人広告」を見直すことから始めてみましょう。どこを見直せばいいのかわからないという方のために、今回は残念な求人広告の5つの特徴をご紹介します。ご自身の広告にこの5つの内容とあてはまる点がないか、チェックしてみてください。

写真がない

アルバイトを探している人は、多くの求人広告を目にするので全部の広告を一つひとつゆっくりと見てくれるとは限りません。まずは直感でいくつかピックアップした中から、さらに内容を精査していくのです。まず第一段階として、いち早く目をとめてもらうには、求人広告を目立たせる必要があります。そのために有効なのが「写真」です。

 

お店の雰囲気がわかる写真や、スタッフの様子がわかる写真を入れることは、今や必要不可欠だということを覚えておきましょう。

見せ方の工夫が足りない

見せ方の工夫というと漠然としてわかりにくいかもしれませんが、多くの広告から目をとめてもらうにはパッと目にとまるような工夫も必要です。具体的にいうと、文章を並べるだけでなく、カタカナや英単語、記号を効果的に使うということです。写真に目がいくように、こうした記号などを使って目立たせる工夫はできていますか?

キャッチコピーが弱い

写真や記号と同じレベルで、最初に目をとめてもらうのに役立つのがキャッチコピーです。

 

ここでいうキャッチコピーとは、タイトル的に見せる部分や見出しとして見せる文章のことです。だからといって、大企業がうつようなキャッチ―なコピーを考える必要はありません。求人広告の場合は、「あなたの好きな時間だけ働いてください」「土日祝日完全休み」など、アルバイトを探している人にとって魅力的な言葉を意識することが大切です。

まずこの3つをクリアしないと、数ある求人広告の中から目をとめてもらうこともできません。ただ、目をとめてもらうだけでは応募には至りません。次はその中から選ばれる工夫が必要であるという視点から、残念な求人広告の特徴残り2つについてもみていきましょう。

募集条件が劣っている

求人広告には情報をしっかり書いていますか? これくらい書いておけば大丈夫だろう…

 

ではなく、求人広告の制限文字数をめいっぱい使って情報を載せるとともに、「他店と比べてどう違うか?」「他店にない魅力は何か?」を伝える努力が必要です。ピックアップしたいくつかの求人広告と比べてあなたのお店が選ばれるべき理由をしっかり書くことが重要です。

情報が少なく魅力が伝わらない

求人掲載する方としては、求人広告会社の人たちをその道のプロだと思ってお任せする人が多いかと思います。

でも、求人広告業界の真実としては、広告主の費用対効果を高めることに力を入れている業者はほとんどいません。ほとんどが単なる媒体を販売する営業マンです。

アルバイト・パートの人材不足にお悩みの企業様・ご担当者様は、まずはお気軽にファインド株式会社までお問い合わせ下さい。

ファインドにお任せ下さい

アルバイト採用代行専門

ファインド株式会社
〒535-0012 大阪市旭区千林2丁目9-17

電話番号:06-7708-2563

サイトマップ|プライバシーポリシー